2013年06月27日

外国語使いすぎで、NHKを提訴

この程、「日本語を大切にする会」という岐阜県の任意団体が、

NHKが番組名や放送番組で、外国語を使い過ぎて、意味が分からず、精神的苦痛を受けたとして、71歳の男性が慰謝料141万円を求めて提訴しました。

コンシェルジュ、ケア、インセンティブ・・・・・・

BSBSコンシェルジュ、ホットイブニングなど、外国語を乱用し、視聴者の大部分の人が理解できる言葉で政策されていない。

これは、憲法で保護された、「知る権利」や「幸福追求の権利」を侵害しているという。

さらに、一昨年末、NHKに公開質問状を提出したが、回答がなかったため、訴訟に踏み切ったという。

これに対して、NHKは「訴状の内容を確認していないため、コメントを差し控える」としている。


新しく導入される外国語は増加傾向にあり、さまざまな文化を取り入れる日本語の利点は残しながらも、あらゆる世代が理解できる言葉を選び、残していくべきで、公共放送だからこそ、外国語やカタカナ語が苦手な少数派の意見に配慮してほしいと考える男性の心境は十分理解できるという意見もあります。

NHKだけの話でなく、打ち合わせや、プレゼンテーション?などでも、横文字だらけという場面に遭います。

スキーム、サマリー、イノベーション、アーキテクチャ ・・・・・

どうも、格好良く見せるというより、意味をぼかして感覚を訴えているようで、もう一つ焦点がはっきりしない・・・・


大丈夫?その背中・・・・

背中ニキビが気になる自分に、

私も背中ニキビすごくあったのよ、でもこれで変わったの!!

と彼女に渡されたのは、美白ジェル、

使いつづけたら・・・・・・

こんな「背中になるんだ!!」と感動。
posted by あい at 11:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 話題
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/70092598
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック