2010年07月17日

おけいはんポスターの「逆さ帯」で、祇園繁盛?

おけいはんポスターの「逆さ帯」で、祇園繁盛?

逆さ帯のニュースで思った事ですが、どれもこれも記事をそのまま転用しているようで、関連記事をみても、同じ内容です。

おけいはんポスター

ーー 記事転載 ーー
京阪電鉄の祇園祭キャンペーン用のポスターやチラシに登場する女性イメージキャラクター「おけいはん」の帯が上下逆向きに巻きつけられていたことが分かった。
同社は「おしゃれの一環」と主張するが、京の伝統文化を受け継ぐ関係者らからは疑問の声も上がる。はたしておしゃれなのか、それとも…。
ポスターは大小計5800枚、チラシは4万枚作られ、6月末から今月16日まで電車内や駅などで掲示された。
女性モデルの帯の文様は扇状の波を交互に重ねた「青海波(せいかいは)」といわれる日本の伝統的な吉祥柄。赤地に金色の青海波があしらわれ、通常とは上下逆向きに巻きつけられていた。
ーーー


そこでは、「帯が上下逆向きに巻きつけられていた」 「文様は扇状の波を交互に重ねた青海波・・・通常とは上下逆向き」という説明。
「青海波といわれる日本の伝統的な吉祥柄 私は帯の知識がないので、どちらでも気になりませんが、業界の人は「お粗末の一言」といいます。

まず正しい巻き方がわかりません、というか、記事を書いている人自身も常識と思っているのか?逆向きという書き方で、話題にするならもう少し、柄の説明がほしいです。

「青海波」を辞書で調べると
イチョウ形の波を左右45度の方向に反復した一種の割付け模様。元来は雅楽『青海波』の舞人の下襲(したがさね)にこの模様がつけられていたところから名づけられたという。
日本では奈良時代以降今日に至るまで吉祥(きちじょう)模様の一つとして愛用されている。


これを読むと、古くからの慣例という事ではないでしょうか?
私は、この柄を見て幸せや運等を自分に引き寄せるという意味があるのではないかと、それなら「幸せが逃げる方向だから逆だ」と、うなずけるのですが、その辺がよくわかりません。


京阪電鉄広報担当によると、同社の祇園祭の広告物用の着付けを10年以上担当する40代の女性スタイリストが調整。「帯の文様を崩す流行に乗った。おけいはんの年齢設定は10代で、元気の良さをアピールしたかった」と、意図的に上下逆さとしたと強調する。

私には、この女性スタイリストの言葉の方が説得力があるように思います。

京の伝統文化関係者などから「伝統を重んじる祇園祭の広告にはそぐわない」(40代女性)、「あり得ないミス」(60代男性)といった声が噴出。「若い人ならどちらでもいいのでは」(80代女性)との意見もあるが、西陣織工業組合の渡辺隆夫理事長は「お粗末の一言」とばっさり。「ベーシックな柄であり、ましてや吉祥柄を逆さにして新デザインというのはいかがなものか。デザインとは文化。もっとよく勉強してほしい」と苦言を呈した。

と締めくくっていますが、伝統を重んじる事は大切という事は理解できますが、時代の流れも大切で、何%の人が「帯が逆」という事を知っているのでしょう?

これで、京阪電鉄の祇園祭キャンペーンが、色々な方面で宣伝されるようになって、多くの人が祇園祭に参加され、帯に関心を持つ人が増えるようになれば、結構なことではないでしょうか?・・と思いますが・・・・・。

モデ痩せ 野草酵素 小顔クリームはビーグレン 熱中対策水 カラダケア飲料
posted by あい at 19:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 話題
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39680405
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック