2019年04月30日

ミネラルウォーター市場は続伸

ミネラルウォーター市場は近年伸張を続けている。
その中で、「天然水」は、水源にこだわった清冽なおいしさや、徹底した品質管理による安全・安心な商品であることが支持されるとともに、「ヨーグリーナ&サントリー天然水」などのフレーバーウォーターや、「サントリー 南アルプススパークリング」などの商品展開による新たな市場創造が年間販売数量ナンバーワンにつながったとみられる。
天然水ブランドのさらなる成長を目指し、「南アルプス(山梨県)」、「阿蘇(熊本県)」、「奥大山(鳥取県)」に続く第4の水源として、豊かな自然に囲まれ、良質な水に恵まれた長野県大町市に新生産拠点を2020年に設けることを発表している。
同地では、生産拠点でありながら、様々なコンテンツを通じて「サントリー天然水」の「清冽なおいしさ」を体感できる、新しい体験型施設にする予定という。
「サントリー天然水」ブランドは、91年の発売以来成長を続け、16年と17年に連続で年間販売数量1億ケース超えを達成。そして18年は同ブランド過去最高となる1億1730万ケース(前年比109%)となった。
posted by あい at 10:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185932443
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック