2013年06月27日

外国語使いすぎで、NHKを提訴

この程、「日本語を大切にする会」という岐阜県の任意団体が、

NHKが番組名や放送番組で、外国語を使い過ぎて、意味が分からず、精神的苦痛を受けたとして、71歳の男性が慰謝料141万円を求めて提訴しました。

コンシェルジュ、ケア、インセンティブ・・・・・・

BSBSコンシェルジュ、ホットイブニングなど、外国語を乱用し、視聴者の大部分の人が理解できる言葉で政策されていない。

これは、憲法で保護された、「知る権利」や「幸福追求の権利」を侵害しているという。

さらに、一昨年末、NHKに公開質問状を提出したが、回答がなかったため、訴訟に踏み切ったという。

これに対して、NHKは「訴状の内容を確認していないため、コメントを差し控える」としている。


新しく導入される外国語は増加傾向にあり、さまざまな文化を取り入れる日本語の利点は残しながらも、あらゆる世代が理解できる言葉を選び、残していくべきで、公共放送だからこそ、外国語やカタカナ語が苦手な少数派の意見に配慮してほしいと考える男性の心境は十分理解できるという意見もあります。

NHKだけの話でなく、打ち合わせや、プレゼンテーション?などでも、横文字だらけという場面に遭います。

スキーム、サマリー、イノベーション、アーキテクチャ ・・・・・

どうも、格好良く見せるというより、意味をぼかして感覚を訴えているようで、もう一つ焦点がはっきりしない・・・・


大丈夫?その背中・・・・

背中ニキビが気になる自分に、

私も背中ニキビすごくあったのよ、でもこれで変わったの!!

と彼女に渡されたのは、美白ジェル、

使いつづけたら・・・・・・

こんな「背中になるんだ!!」と感動。
posted by あい at 11:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 話題
2013年06月20日

生活保護費を渡さず栄養失調

最近は、生活保護費が増加傾向にあり、特にニュースでも、収入があり扶養出来るにも拘わらず芸能人の母が生活保護を受けていた事が話題となり、にわかに不正受給が注目され、国会で生活保護の在り方が見直されました。

不正受給者を締め出すのは当然ですが、本当に必要な人が受けられなくなるという事にならない様にしてほしいものです。

そんな中、神奈川県平塚市で、40代の男性の生活保護費を2カ月間渡さず、その後に栄養失調で男性が病院に運ばれていたことが支援団体の話などで分かりました。

40代という事で仕事を勧めたようですが、今は若年層でも仕事が見つからないのが現状です。

何故、支給しなかったのかという個別の事情はわかりませんが、結果的に栄養失調で足が壊疽寸前になるような事態を招いた事は、対応に不備があったとしか言えません。

平塚市は事実を認め、4月に男性に謝罪し、神奈川県は「明らかな法令違反」として再発防止を指導したようです。

確かに、40代であれば仕事に就けるのですが、それぞれに事情があり就けない場合もあります。

生活保護費を渡さないのではなく、渡して生計を立てる道を指導するのがケースワーカーの指導ではなかったでしょうか?

そもそも、最低労働賃金が生活保護費より少ないという、労働環境を改善してほしいものですが・・・・


【ビオクラ】酵素ジュレお試し半額

タグ:生活保護
posted by あい at 18:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記